日本人で良かった!のびのびくつろげるローソファの魅力

床暮らしの人気アイテム

日本人の暮らしには今や西洋式のライフスタイルが完全に定着していますが、その一方で伝統的なスタイルも現代に受け継がれています。その1つが、「床に直接座る」という暮らし方です。

そのため、西洋生まれのインテリアの中にも、日本人の生活様式に合わせてアレンジされたものがたくさんあります。その代表格といえるのが、ローソファです。

大の字になってくつろぐのもOK

ローソファは、その名の通り高さの低いソファです。通常のソファにおける脚の部分がなく、クッション部分をじかに床置きして使用します。高さのイメージとしては、おおよそ座布団よりも少し高い程度です。

ローソファは床に直接座るのに近い感覚で使用できるため、くつろぎやすいという特徴があります。座布団と異なり背もたれやひじ掛けがあるため、無理な姿勢になることもありません。疲れたらそのまま寝転んでしまうこともできるので、リラックス感は満点です。

1人暮らしのお部屋にも

ローソファは通常のソファより背丈が短い分、見た目の圧迫感があまりありません。そのため、1人暮らしの小さな部屋で使用しても居室全体が狭苦しく感じられないというメリットもあります。

もちろん、広いリビングで家族団らん用のアイテムとしても利用できます。その場合は、壁に沿ってL字型に設置できるコーナーソファが適しています。

デザインはよりどりみどり

ローソファは街のインテリアショップで購入できるほか、多くの通販サイトでも取り扱っています。デザインやサイズのバリエーションも豊富なので、自分の趣味や他の部屋の内装に合わせて選ぶことができます。なお、ローソファとローテーブルを組み合わせて使う時は、互いの高さがマッチしたものを選ぶようにすると失敗がありません。

近年、ダイニングとリビングが一緒になっているソファ ダイニングが人気となっており部屋が狭い場合でも設置できお洒落に演出できる所が魅力となっています。