お金の管理に気を付けて!!コミュニケーションも忘れずに!!

奥さんに金銭管理をしてもらっていた人

仕事をすれば給料がもらえます。独身の時は自分で管理するなり親に管理してもらうなどが可能です。結婚をすれば、専業主婦なら奥さんが管理、共働きならどちらかが管理したり、それぞれで管理するなどがあります。共働きでも奥さんが管理をする家庭が多いようです。夫が単身赴任をするとなると、一応給料は奥さんが管理をします。でも一人暮らしの夫も生活費が必要なので、一定額をもらいます。困るのは、なかなかもらった額で生活ができない所でしょう。自炊ができなければ食費がかかりやすくなります。洗濯ができないとクリーニングに頼りやはり生活費が高くなります。一人で生活するための金銭感覚を身につける必要があります。しばらくは奥さんにいろいろ注意されるかもしれません。

互いのコミュニケーションを大事にする

子供が高校生ぐらいになると家族での引越しはあまりしたくないでしょう。会社の事情もあるでしょうが、将来的に戻る予定があるなら単身赴任を選択した方がいいかもしれません。子供の受験の時は親としての対応も難しい時期ですが、総合的に最も良い選択をする必要があります。夫が単身赴任をすると、日常的に家庭を守るのは妻の役割になります。金銭的な部分や子育て、家のセキュリティなど結構大変です。一方で単身赴任をしている夫は仕事のみになり、日常的には楽になるかもしれません。楽になったと考えるのではなく、できるだけコミュニケーションをとるように心がけましょう。帰省費用が出るならその範囲で週末は自宅に戻ったり、電話などを利用して子供と話をするなどが必要です。

単身赴任の家具は、レンタルを活用する方法がおすすめです。購入する費用を節約できますし、利用した後はそのまま返却するので保管場所に悩みません。