結婚式当日に着るウエディングドレスはどうやって用意したらいいの?

最終フィッティングの時期も大事です!

結婚式の時に花嫁が着るウエディングドレスは、女性にとって永遠のあこがれと言える存在ですよね。ドレスのデザインは大まかなパターンが決まっているものの、細部まで見ると本当に細かい違いがあってどのドレスも魅力的に見えます。そんなウエディングドレスですが、一体どのような方法で用意すればいいのでしょうか。ドレスを調達する方法は、式場などでレンタルする方法と、自分で直接既製品をお店で購入する方法、そしてオーダーメイドで制作する方法の三つです。いずれの方法を選んだ場合でも、最終フィッティングは挙式の約一か月前までに終わらせておくようにしてくださいね。忙しい人は挙式の一週間前くらいなら大丈夫でしょう。採寸した時に前回に比べて体形変化が大きく、サイズ直しが必要になる場合も考えられるので、なるべく余裕を持たせて行いたいですね。

自分に合った方法でドレス選びを

まず一番安く済んで簡単な方法が、式場がストックしているドレスをレンタルすることです。ウエディングプランナーやスタイリストの提案を聞きながら、自分に一番似合うドレスを選びましょう。式場が持っているウエディングドレスとお色直し用のデザインは、ブライダルフェアで用意されているカタログからも知ることができますよ。レンタルよりもドレス代がかかってしまいますが、既製品を買う場合はサイズ直しなどが必要になった時の対応がスムーズです。オーダーメイドは一番予算がかかりますが、世界で一着だけのウエディングドレスを身にまとうことができます。

鶴岡八幡宮は、鎌倉で最も有名な神社ですが、申し込みをすれば誰でもが鶴岡八幡宮で結婚式を実施することができます。